『黒い二、三十人の女』

梯子は一般に「高さ」「段階」を意味する。
人間的には「階級社会」とそれに対する特に「野心」を意味する。
精神的には「昇天」や逆に「下降」意味し、天上界や地獄への道ともなる。
ヤコブの夢に出て来る梯子は「神の啓示」を意味した。
俗信では、梯子の下を通る事は「処刑台」を連想させ、
フロイトは梯子を「性行」と結び付ける。
------『シンボル事典』より


前奏曲

  国境にある村の街道、マロニエの枯れ木の下に落ちている一通の書状。ヨアヒム・レプゴーがその書状を発見し興味深げに内容を確かめる。レプゴーが去る。

第1場 ライターシュプロッセ の城、見えない女たち。

  大公の居城。秘密の部屋。シュピーレン大公シュピーゲルが、座している。周りに椅子が何脚かあるが、他には誰もいない。
大公 (椅子の一つに)ポリーさん・・・ポリーさん。どうしてそんなに機嫌が悪いのですか。ポリーさーん。・・・ふう、ご機嫌を直していただけませんか。(隣の椅子に)ルシーさん。なんとか言ってあげて下さいよ。あなたから言ってもらえれば・・・
  ポリーの動きを大公は目で追う。
大公 無理ですか。そうですよね。無理ですよね。ポリーさんは、あなたの目には入っていないと言うわけだ。それでは、アマーリエ。あなたはどう思います。いえ、そうペンギンや縞馬の白黒には意味がある。ペンギンは、空の敵からは、海に溶け込むように背中が黒。水中の敵からは、空に溶け込むように、腹が白。そう、アマーリエ。あなたは天才だ。それが、ポリーさんには、分からない。では、ドロテーアさん。縞馬は?そう、群れで固まった時、外敵から単体を区別できないように、縞でごちゃごちゃにするんです。しかも!しかも!白い部分と黒い部分で表面の温度が変わって気流が起きる!イコール涼しい!ポリーさん聞いているんですか。じゃあ、パンダはどうだ?意味があるんですか、竹やぶの中に、白と黒!保護色か?保護色かと聞いているんです。ポリーさん!あ!(ポリーの態度に怒り立ち上がる)また、どうして、そういう態度を取るんですか。少しは私の気持ちになってみたらどうです。大体、ポリーさんは、わがままが過ぎますよ!ねえ、アンナさん。ほら、わたしがいいたいのは、パンダは、特に外敵や(ポリーの椅子に近寄ると、ポリーに突き飛ばされる)あ!なにするんですか、あぶないじゃないか!おしおきです!(つかつかとポリーに歩み寄る)ポリーさーん!(ポリーの手を取るが、暴れられ、バタバタしているうちに平手打ちをされる)・・・痛い。(ひどく落ち込んで自分の椅子に座る)
  ノックの音。すぐに補佐官のファーデンが入って来る。
ファーデン どうなさいました?大公。
大公 なんでもない。それより、ここには入らないようにと言っておいたはずだが。
ファーデン ここに入らないと、大公様とお話が出来ませんゆえ。
大公 閣議の時間があるではないか!
ファーデン 恐れ入りますが、この一月閣議は開かれておりません。
大公 なぜだ?
ファーデン はて、私は、シュピーレン大公シュピーゲル様のご都合により、と聞いておりますが。
大公 それは、私ではないか。それは、私ではないか。それは、私ではないか。ファーデン!
ファーデン なんでしょう。
大公 私が嫌いな物は、なんだ?
ファーデン ブロッコリと牛蛙と、記憶いたしておりますが・・・。
大公 では、そこにイヤミと付け加えてもらおうか。
ファーデン かしこまりました。
ファーデン (しばらくの間)・・・大公、このた(びの)・・・
大公 ファーデン!私は殴られたよ。
ファーデン 殴られた?いったい、いつ?どこで?
大公 たった今、ここで。
ファーデン いったい誰がそんな、大辟(たいへき)にあたりますぞ。
大公 ポリーさんだ。
ファーデン ポリーさん?
大公 そうだ。ポリーが(空の椅子に指をさす)私を(自分を指さす)殴ったのだ!
ファーデン ポリーが(指をさす)、大公を?
大公 いや、ファーデン。それは、アマーリエだ。アマーリエは、非常に気のきく、さわやかな娘だ。
ファーデン そ、そうですか・・・失礼(といって、適当な椅子に座る)
大公 ファーデン。
ファーデン はい。
大公 ファーデン。
ファーデン はい?
大公 どうして、ゼルペンティーナの上に座る?失礼だぞ。というより、おかしいぞ。
ファーデン あ、失礼いたしました。
大公 どうしてもそこに座りたいのか。
ファーデン いえ、別に。
大公 しかたない。皆のもの。下がっておれ。
  何人もの人間が、退去する様子を目で追う。
ファーデン 何人、いらっしゃるのですか?
大公 数えた事などない。それより、補佐官、今日はなんの話だ。結婚の事はもう聞き飽きたぞ。だいたいこの間の女はなんだ。鼻の穴が三つもある女など私が結婚すると思ったのか!
ファーデン 鼻の穴は二つでございます。ここにあったのはほくろでございます。後日、確認いたしました。
大公 2つだろうが、3つに見えればそこには鼻の穴が3つあるのだよ。そうだろ?ファーデン。
ファーデン (投げやりに)はいそうです。(本題に入って)それより、大公、エスターライヒの動きですが。
大公 エスターライヒ?
ファーデン お耳に入っているはずです。エスターライヒが我が国境に軍を進めております。
大公 知っている。エスターライヒの馬鹿ルドルフめ。しかたない、軍を出してやれ。国境領の住民がかわいそうだ。
ファーデン お待ち下さい。その事を申し上げに参ったのです。今、軍を出せば、大規模ではないにしろ戦争になります。現在我が国には、戦争を続けるだけの財力がありません。
大公 (あまり熱心ではない)それで?
ファーデン そこで、ここは和順策をとって一時エスターライヒに国境領の一部を割譲してはどうでしょう?
大公 割譲?
ファーデン そうです。おそらくそれでエスターライヒは軍を退くでしょう。
大公 あの野蛮人のルドルフに我が国土を蹂躙させろというのか。国境の住民はどうする?
ファーデン 国境領の住民だけで、被害をとどめるのです。(大公、適当な返事)国境紛争であれば、外交戦術でいくらでも被害を食い止める事はできます。(大公、適当な返事)必要なのは外交官と彼に持たせる周辺大使への献上金程度、(大公、適当な返事)非常に安上がりです。戦争が起こさずに和睦を計り、その後私のすすめる方法で・・・
大公 結婚か。
ファーデンさようで。結婚によりエスターライヒに匹敵する権勢を得、しかるのちに、取りかえせば良いのです。
大公 補佐官は、なにかというと金と結婚だな。
ファーデン 現段階では、最も効率的な方法かと。
大公 そして、国境領はエスターライヒの馬鹿ルドルフへの生け贄というわけか?
ファーデン 生け贄?(思わず繰り返してしまうが、落ち着いて)そういう意味でなら左様です。その事でより多くの国民の命を救えるのです。目をおつぶり下さい。
大公 (ぎゅっと目をつぶる)・・・・おもしろくないかな?
ファーデン ・・・それなりに。
大公 ・・・(飽きたというように手をふる)補佐官の案は受け入れ難い。我が国土を馬鹿ルドルフなどに蹂躙されてたまるか。そんなことは私の正義と信念が許さん。国境へできるだけの軍を送れ。
ファーデン正義と信念でございますか。
大公 そうとも。(大仰に)たとえそれが茨の道でも、その先に正義と信念があるならば、私はためらいなく棘に傷つき、臆する事なく茨をかき分けるだろう。
ファーデン ・・・かしこまりました。(退出しようとする)
大公 補佐官、わたしは、結婚は考えていない。私には、ポリーや、アマーリエや、ゼルペンティーナがいる。それより、お前こそ結婚を考えるように。30をすぎているだろう。あ!いや、無理か。
ファーデン どういう意味です?
大公 別にー。
ファーデン では、失礼します。大公。私は29でございます。
大公 (皮肉まじりに)おまえは、ずっと29だな。
ファーデン どういう意味です?
大公 下がってくれ。私は、温室に行く。トランシルヴァニア・マイマイ の産卵にたちあいたいのでな。(退出しながら)ポリーさん。皆、温室へ行くぞ!
  大公が去ると、ピーという機械音と共に通信が入る(画像あるいは、録音声で)。ファーデン、その画像に体を向ける。ネイダフとの専用回線がつながる。
ファーデン ネイダフか。
ネイダフ 当たり前だ。お前と俺だけの回線だろ?
ファーデン 確かに。
ネイダフ 機嫌が良いとはいえないようだな。エスターライヒの件か?
ファーデン 大公に進言をしたのだが。お分かりいただけない。
ネイダフ あの方は、あまり聡明ではないからな。それに、お前は犠牲を強調し過ぎる。
ファーデン そうではない。犠牲という言葉に過度に反応しているのは大公の方だ。要は効率の問題であって、正義や信念の問題ではないのだが。
ネイダフ お前らしい。明日は視察があると聞いているが?
ファーデン 博士に自動人形を作らせているらしいのだ。
ネイダフ 自動人形。いまさら、何を。そのような物が、いかに期待外れで、無益な物か・・・全ての人類が学んだ事だと思っていたがな。軍事利用か?それとも、ただの召し使いか。
ファーデン 召し使いなら、たくさんいる。ポリーだか、アマーリエだかで、よくは分からないが。
ネイダフ なんだ?そのポリーとやらは?
ファーデン いつもの妄想だろう。数人の女性たちがいるつもりらしい。なんとこの国の民衆を治めておられるのは、妄想家の・・・。
ネイダフ ファーデン!
ファーデン すまん。
ネイダフ いや、しかし、結局、妄想の召し使いでは、実際の仕事はできないだろう。自動人形はその代わりと言うわけではないか?
ファーデン なるほど。ところでネイダフ。私は29だったな。
ネイダフ 俺と同じ歳なのだ。そうだろうな。

→「第2場 プワスキ家の食卓。」へ