声楽・合唱曲
合唱のための《アヴェ・レジーナ》1997年
【編成】女声合唱
合唱のための《アヴェ・レジーナ》MP34:08/1.2MB
*曲を聴きたい時は「MP3」をクリックしてね。MP3の演奏には歌は入っていません。メロディ部を他の楽器に置き換えて演奏されています。本来は歌詞があります。
 マザー・テレサの赴報を受けて1997年9月9〜11日にかけて作曲した合唱曲です。推奨は女声合唱ですが、もちろんその他でも、かまいません。ただし、混声などにする場合は、若干、手を加えた方が良いと思います(いずれにしても 声域が広すぎるので改編の必要がありそうです)。テクストは、中世のラテン語の典礼歌からとりました。歌詞と対訳は、別紙をみてください。楽譜を見ていただくと分かるのですがこの曲には拍子と小節線がありません。最初は読みづらいかもしれませんが、8分音符が一単位になっているので、数えていけば、すぐに慣れると思います。
 前半の聖歌風の部分(Lento religioso「敬虔に」)は、応答的な歌唱と、ポリフォニックなオルガヌム的部分からなっています。厳密な意味では違いますが、応答的な歌唱は、交唱(アンティーフォナ)を前提に作りました。作曲者にしては、指示記号が比較的多いのですが、抽象的な観念を超えないものがほとんどです。viva voceは「澄んだ声で」という意味ですが、ノン・ヴィブラートだと思ってください。この聖歌風の部分が一段落すると、教会旋法から脱却して三声のハーモニーによる合唱になり、変ロ長調の明るい和声進行が、天上的イメージを喚起させます(grandioso「壮大さ」)。母性の持つ包容力や慈悲を歌い上げる高らかなハーモニーです。このハーモニーは、高音から始まって、一オクターブにわたって、だんだんと地上に向かって降りてきます。そのまま変ロ長調にパラフレーズされた冒頭の旋律が現われます。(carezzando「優しくなでるように」)そして、その旋律がハーモナイズされながら広がっていきます(con amore「愛情を持って」con passione「情熱をもって」)そこで、音楽は突然、静謐さを取り戻し、天に消え入るように小さくなっていきます(pietoso「哀れみをもって」perdendosi「消え去るように」)この部分の解釈は演奏者にお任せします。極めて重要な部分です。最後に再び、聖歌のフレーズが現われますが、最終的にはにごった残響のなかから長三度の和音が救い出され、終わります。
テクスト Salve Regina,mater miseri cordiae:Vita,dulcedo,et spes nostra,salve.
Ad te clamamus,exsules,filii Hevae.
Ad te suspiramus,gementes et flentes in hae lacrimarum valle.
Eia ergo,Advocata nostra,illos tuos misericordes oculos ad nos converte.
Et Jesum,benedictum ventris tui,nobis post hoe exsilium ostende.
O clemens: O pia: O dulcis Virgo Maria. Hozanna!
Salve Regina,Salve Regina.
(イタリックの部分は作曲者の追加)
ああ女王よ、恵みの母、私たちの命、やさしさ、希望である女よ!私たち追放されたエーヴァの子らは貴女に呼びかけます。私たちはこの涙の谷間で呻きつつ涙しつつ貴方にため息を送ります。私たちを擁護して下さる方よ、どうか私たちに憐れみの目をお向けください。そして私たちが追放されたあと、あなたのお腹の祝福された結実であるイェースス様を私たちにお示しください。おお慈悲深く、徳高く、やさしいマリア様よ。ホザンナ(万才)!ああ女王よ、ああ女王よ。
《マイ・レクイエム》1997年〜
【編成】混声合唱・独唱・ピアノ
イントロイトゥス<入祭唱>「祈りを込めて」
キリエ<あわれみの賛歌>「天上を思って」
グラドゥアーレ<昇階唱>
トラクトゥス<詠唱>
セクエンツィア<続唱>
オッフェルトリウム<奉納唱> 「願いに満ちて」
サンクトゥス「情を込めてやさしく」
アニュス・デイ<平和の賛歌>「牧歌風に」
コンムニオ<聖体拝領唱>
10レスポンソリウム<リベラメ>
 ラテン語のテクストに作曲したピアノと合唱、独唱のための曲。全体的に優しいメロディが多く、レクイエムといった暗い雰囲気の曲はほとんどありません。特にオッフェルトリウムは沖縄的な旋律を使用した美しい楽曲です。
女声合唱組曲《物質の将来》1999年
【編成】女声合唱・ピアノ
〈物質の将来〉
〈晩二つ〉MP32:05/614KB
〈質屋のショーウインドー〉
〈物質の将来(承前)〉
*曲を聴きたい時は「MP3」をクリックしてね。MP3の演奏には歌は入っていません。メロディ部を他の楽器に置き換えて演奏されています。本来は歌詞があります。
 稲垣足穂のテクストによるピアノと女声合唱のための組曲。
1.〈物質の将来〉(同名の詩の一部による)
ピアノと女声三部。「indeciso(はっきりしない)」変ホ長調。最初に提示される旋法的なユニゾンのモティーフと、その後の、コラール的な部分の繰り返しに基づいてできています。拍子は安定した部分と、変動的な部分からなりますが、これは、詩が韻律的にできていないせいもあります。
2.〈晩二つ〉(同名の詩による)
ピアノと女声三部。「delizioso(甘美に)」変ホ長調。甘美なメロディと常に転調する和声が特徴的です。いわゆる、「夜の音楽」という感じだと思います。一曲目と同じ調性ですが、前奏はホやハといったシャープの調性ですし、曲もホ長調と変ホ長調というように、近い調の間をうつろい歩きます。メロディはアリア的で、レチタティーヴォ的な一曲目と対比をなしています。
3.〈質屋のショーウインドー〉(同名の詩による)
ピアノと女性二部。「con tenerezza(優しく)」ヘ長調。ある程度、一番、二番というように、構成されていて、最も歌らしい(童謡のような)歌といえる曲です。単純な二部形式のテーマが歌われると、ピアノの伴奏を挟んで、展開的な部分に入ります。そして、最初のテーマが少し変奏されながら繰り返され終わります。複合三部形式。
4.〈物質の将来(承前)〉(同名の詩の一部による)
無伴奏女性三部。「animato(生き生きと)」嬰ヘ短調−イ長調。名前からも分かる通り、一曲目の続編のようなものにあたります。スケルッツォ的なAと、一曲目にも出たコラールの動機Bが、速いテンポで繰り返され、転調していきます。中間の最も、教会的な部分で、調性は、変ホ調という「懐かしい」調性を回復しますが、すぐに転調によって遠ざけられ、D.C.的に再び、嬰ヘ短調を経験しイ長調で曲を閉じます。
少年合唱のための《Song Book》1999〜2000年
【編成】少年合唱・ピアノ
〈The First Deer Dance〉MP33:30/1.2MB
〈A Girl〉MP30:55/328KB
〈No Man Is An Island〉MP32:31/892KB
〈The Flea〉MP32:37/928KB
〈The Negro Speaks Of Rivers〉 
〈The Tiger〉MP33:41/1.2MB
〈Flower In The Crannied Wall〉MP32:00/712KB
*曲を聴きたい時は「MP3」をクリックしてね。MP3の演奏には歌は入っていません。メロディ部を他の楽器に置き換えて演奏されています。本来は歌詞があります。
 英詩をテクストに持つピアノ伴奏付の7つの曲。合唱のためというより、合唱団のためで、ソロ、デュオ、合唱などの形式が混合しています。ブリテンの《金曜の午後》から触発されて書いた曲だったと思います。少年合唱以外でも歌えます。曲はどれも、親しみやすく覚えやすいメロディを重視しつつ、音楽的、演奏的にも楽しめる作品を目指しました。基本的に子供のための曲集ですが、難しい曲も幾つかあります。
1. The First Deer Dance--Kenji Miyazawa (Translated by John Bester)
「鹿踊りのはじまり」宮沢賢二〜ジョン・ベスター訳。ボーイソプラノ・デュオを推奨。6/8拍子、ト長調、Andante gentile。(1999年4月20日完成)テクストは、宮沢賢二の小説『鹿踊りのはじまり』のジョン・ベスターによる英訳の抜粋です。全作中でも、一番親しみやすい童話的なメロディを持っています。途中から二部に分かれますが、構成も単純です。
2. A GIRL--Ezra Pound(1885-1973)
「少女」エズラ・パウンド。少年合唱を推奨。5/4拍子、変ホ長調、Allgro moderato capriccioso。(1999年2月8日に着手・完成)非常に短い曲ながらも、5/4拍子の印象的なリズムにのったおもしろい歌曲です。一部合唱ですが、合唱でなくても、テノールのソロなどでもよいと思います。
3.NO MAN IS AN ISLAND--John Donne(1573-1631)
「島である人はいない」ジョン・ダン。少年合唱を推奨。4/4 ハ長調 Adagio sostenuto(1999年9月14日完成)最初、あまりに安易なメロディのため作曲を渋っていたのですが、歌い上げるには良いと思いいれました。これも、一部合唱ですが、ソロでも良いと思います。
4. THE FLEA--John Donne(1573-1631)
「蚤」ジョン・ダン。少年合唱を推奨。4/4 ト長調 Allegro volante(1999年9月14日完成)「のみ」そのものは、恋愛の歌なのですが、音楽は、少年合唱向きの楽しくかわいいものになりました。二部合唱ですが、59-71までは、デュオにしても良いと思います。
5. THE NEGRO SPEAKS OF RIVERS--Langston Hughes(1902-1967)
「ニグロは河について語る」ラングストン・ヒューズ。ボーイ・ソプラノ・ソロを推奨。3/4 変ホ長調 Andante risoluto(1999年4月3日完成)ニグロという言葉に影響されすぎたのか、音楽はやや黒人霊歌風になっている。ゆるやかな三拍子で、ピアノの和声だけに支えられて、ゆるやかな旋律を歌う歌です。女声のソロでも良いと思います。
6. THE TIGER--William Blake(1757-1827)
「虎」ウイリアム・ブレイク。少年合唱を推奨。3/4拍子、ホ短調、Andante paventoso-Allegro con fuoco(2000年1月20日完成)虎の神秘的な恐ろしさと美しさを歌ったブレイクの最も有名なテクストによります。メロディはAとBの二つの繰り返しで、ピアノがそこに虚ろな和声を足していきます。後半にテンポが上がり、再び、元に戻ります。この曲はグラム・ロック的だと思ってます。
7. FLOWER IN THE CRANNIED WALL--Alfred, Lord Tennyson(1809-1892)
「ひび割れた壁に咲く花よ」アルフレッド・テニスン。少年合唱を推奨。4/4 変イ長調 Moderato soave(1999年6月ごろ完成)全曲の中で、最もシンプルな曲です。C音のオクターヴの刻印にのって、単純なメロディが歌われます。二部合唱です。
合唱組曲《放浪記》2003年
別ページに掲載してあります。左のメニューから「合唱組曲《放浪記》」をお選びください。