cube united works 3rd report

『ペストと交霊術』

"La Peste et le Médium"

永続する詩のように無目的に流れる時間
囚われた人々の皮肉な理解といびつな愛
百合の香る怪奇的な居間
そして
恋愛に関する若干の悲喜劇




2004年4月のcube united worksの第3回公演用に書き下ろした脚本です。ウーヴェルテュール家のリビングルームに溢れかえるのは、ただ、無目的な時間の溝の中に囚われすれ違う、愛のいびつさと理解の皮肉さを怪奇的に描いた物語。そして、専門用語もドンデン返しも捨てて挑戦した、恋愛に関する若干の悲喜劇です。
本公演は『ラ・ヴァルス』との2本立てでした。『ラ・ヴァルス』については、『ラ・ヴァルス』の解説ページをご覧下さい。
2018年、Ne'yanka(ネヤンカ)による上演にあたり、本作を土台に『ペストと交霊術(セメレ編)』として、完全に生まれ変わりました。