演劇作品  

音楽作品   

ミュージカル   

小説(工事中)      

レビュー  

プロフィール(工事中)

アップ情報
2019/7/24→宣伝!!『ミランダ あるいは、マイ・ランド』再演決定!!
2019/1/30→感謝!!『BOEING370 solo edition』2019年1月「APOFES2019」にて上演終了!!脚本公開!!演劇作品ページにて!

《ピアノのためのソナチネ》より第三楽章 Rondo vivace

媒体がメッセージになる時、クールな時代が始まる(J.ボードリヤール)



ご挨拶(About "CooL/lab")

「自分自身を一つの芸術作品として作り出す」M.フーコー

こんにちは。“CooL/lab”(クール・ラボ)へようこそ。地球のどこからこのラボを見てくださっているか分かりませんが、まずはこのサイトに来ていただいたことに感謝します。“CooL/lab”(クール・ラボ)は、自分自身がアートであり、カルチャーであるような、そんな思いで作られた「饗宴の場」です。現在は、管理人の遠藤良太の様々な活動を紹介しています。せっかく来ていただきましたので、束の間でもお時間のゆるす限りどうぞ楽しんでいってください。

Keep Coolly Cool , Boy ! Don't get Hot. (WEST SIDE STORY)

宣伝・新着情報

2019

『ミランダ あるいは、マイ・ランド』再演決定!!
本作は、1999年初演(SPEAKER370第4回公演)、2007年再演(劇団「ウィルソン一家」旗揚げ公演)をした作品で、
12年ぶりの再演となります。
まるで楽園のような南の島のビーチを舞台にした祝祭劇。
詳しくは、
Ne'yanka(ネヤンカ)のホームページにて!!



■『BOEING370 solo edition』2019年1月「APOFES2019」にて上演しました!!


2018

■『ペストと交霊術』上演しました!!また映像上映会も行いました!!
2018年11月18日(日)
詳しくは、Ne'yanka(ネヤンカ)のホームページにて!!


2017

■「黒い二、三十人の女」ミュージカル化、全曲ボーカル譜完成!!
実は数年前から、脚本家自ら、ミュージカル化を進めています。
この度、ミュージカル版のホームページを開設しました!!これからどんどん更新していきます!!
ちなみに上演予定はありません(笑)

2016

■『黒い二、三十人の女』、『死刑台の上のイヴと電気箱の偶然の出会い』上演しました!!

ホームページで流れている標語・引用

Fly,you cools!
『ロード・オブ・ザ・リング』の中で、悪鬼バルログと戦い、橋から落ちそうになったガンダルフは、助けようとする仲間たちにこう言いました。「Fly,you fools!」。この「fly」は「飛ぶように行け」「飛んで逃げろ」の意味です。つまり「早く行け!馬鹿者ども!」という事です。「Fly,you cools!」は、この台詞のもじりです。
媒体がメッセージになる時、クールな時代が始まる
フランスの哲学者J.ボードリヤールの『象徴交換と死』の中の言葉。ボードリヤールは「現在の労働システムはクールであり、貨幣もクールで、構造配置一般もクールである」と言っていますが、ここでのクールは「ゲームの規則、諸項の代替、この代替の使い尽くしに巣食って生きる戯れを感情を交えずに指示する用語」としています。
Keep Coolly Cool , Boy ! Don't get Hot.
ミュージカル『ウェスト・サイド・ストーリー』の中の有名な 〈クール〉の一節。「落ち着いてクールでいこうぜ、慌てて熱くなるんじゃない。」って感じですかね。


このラボについてご意見・ご質問はまで。どんなものでもお待ちしております。またこのページはリンクフリーです。でもご報告いただけるとありがたいです。
※本ホームページに収められた文章や画像、音楽などの創作物には著作権があり、著作権法により保護されています。創作者・創作物、そしてパブリック・ドメインの思想も重視しつつ、人間のイマジネーションをどうか、大切にお考え下さい。
Produced by Lyouta Endo 遠藤良太
Created: 4,30,1998